溝の口ガーデンレジデンス

溝の口ガーデンレジデンス
MIZONOKUCHI GARDEN RESIDENCE

お問い合わせ・資料請求

「コレクティブハウス」という考え方。ゆるやかなつながりのある暮らし。

「コレクティブハウス」という住まいのかたちがあります。
世代を超えた様々な人たちが、お互いのプライバシーを尊重しながらも、
食堂やリビングなど、「コモン」と呼ばれる生活の一部が共有できる暮らし。
「コレクティブハウス」という考え方。ゆるやかなつながりのある暮らし。 コモンルーム 北欧で生まれたライフスタイルですが、私たち日本人にとっても、違和感なく、何だかしっくりきます。
少し前まで、私たち日本人の暮らしのなかにはいつも、周りの人たちとのゆるやかな繋がりがありました。
家族、友達、ご近所さん…。生活道具を貸し借りしたり、頂き物をお裾分けしたり。
今だって、誰かと「おはようございます」って挨拶することや、一緒にご飯をつくること。そんなことが1日をちょっと幸せにしてくれるなんてことがよくあるように、ほどよいつながりは、暮らしをもっと楽しく豊かにしてくれるような気がします。

コモンルームをクリックしますと間取りをご覧頂けます。

自分の部屋だけではない、それぞれ好きな過ごし方ができる「みんなのリビング」コモンという自由な場所。

自分の部屋だけではない、それぞれ好きな過ごし方ができる「みんなのリビング」コモンという自由な場所。 溝の口ガーデンレジデンス」は、コレクティブハウスの考え方を基にした、「コモンスペース」のある住まいです。

門を開けて足を踏み入れると、そこには中庭が出迎えてくれます。
季節によっていろんな表情を見せてくれる、開放的な空間。
そして、中庭に面しているのはコモンルーム。
いつも誰かがいて、顔を合わせれば気軽に挨拶ができる、そんな優しいコミュニティがある空間。
中庭とコモンルームは、皆さんの大きな「部屋」であり、入り口であり、サロンなのかもしれません。

プライベートの生活空間はしっかり確保。
それとは別に広いスペースを「コモンルーム」(共有空間)として使うことができます。
ここは、いろいろなプラスαも生み出してくれそうです。
例えばみんなで道具やキッチンをシェア。自分で用意するのはちょっと…でも、
「あったらいいな」というようなものがコモンルームにはあるかも。
他にも、「1人暮らしだってたまには友達を呼んでパーティしたい」
「いつも夫婦だけで顔を合わせてばかりいるのもちょっとさみしい」
そんな時、コモンルームへ足を運んでみてください。意外なほどいろいろな時間を、コモンルームで過ごすことができるはずです。

豊かな「食」のある暮らし。

豊かな「食」のある暮らし。 同じご飯でも、1人で食べるよりみんなで食べる方が何だかおいしい。
同じ野菜でも、つくった人の顔が見えたものの方が心を込めて食べられる。
自分がつくったものを、誰かが「おいしい」って言ってくれる幸せ。
しっかりご飯を食べないと元気が出ない。
初対面の人とでも、ご飯を食べながらだと、
仲良くなるのが早いような気がする。
豊かな「食」のある暮らし。──「食」には不思議な力があります。
私たちの日々の営みに、最も密接したことだからでしょうか。
豊かな暮らしには、豊かな「食」があります。
「溝の口ガーデンレジデンス」のコモンルームは、そんな豊かな「食」のある暮らしの、ひとつのきっかけになるかもしれません。
オーナーさんが育てた野菜をみんなで味わったり、
友達を呼んでご飯を食べたり、たまには自分の部屋じゃなく広々キッチンで思う存分料理したり…。
「おいしいね!」から生まれるいろんなものを大切にできる暮らしって、ちょっと素敵だと思いませんか?